病気で長期休暇を取ったあとは

病気が理由で長期休暇を取った場合、社会人として働いてきた所に穴を開けてしまうことになります。少なくとも会社の仕事の進み具合に、多少なりとも影響を与えてしまうことになります。病気の療養を終え、いざ仕事に復帰することになると、どんな風に復帰すればいいのか、快く向かい入れてもらえるかなどの悩みを抱える場合が多いようです。
気持ち良く仕事に復帰するためには、復帰前日に上司に電話を一本入れることをお勧めします。長期休暇のおかげで病気が完治したため、明日から出社するという旨を伝えるのです。またその電話で、会社の雰囲気や変わったこと、復帰をするにあたり役立つ情報が聞ければ、尚更良いものです。
復帰当日は、職場の人間に病気だったことを心配させないように挨拶をするべきです。長期休暇により社内に迷惑をかけたことを謝り、本日からまたお世話になるということを、短文で具体的に伝えます。事前に何を話すか考えておくのも良いでしょう。病気による長期休暇のため負い目を感じる必要はありません。自己嫌悪に陥るような考えはやめ、病気だったのだからしょうがないと割り切ることが大切です。上司に対しても他の社員に対しても、暗い雰囲気で謝るのではなく、元気になった明るい姿を見せ祝福してもらいましょう。ただし迷惑をかけ、自分の立場を補ってもらったことに気遣いを忘れないことが大切です。このように前日から準備しておくことで、気持ち良く仕事に復帰することが可能になるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年9月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ